新しい入試(2021年1月~)への懸念と疑惑

1月19-20日(土日)に大学入試センター試験がありました。概ね天候にも恵まれ、大きな混乱なく実施されたようで良かったです。現在の大学入試センター試験(以前は共通一次試験と呼ばれていたこともありました)は2021年1月から大きく変わります。この新テストを巡っての批判記事がこの時期にまとまって登場してきました(関連したことを1月3日にも書きました)。
英語の外部試験導入に関しては、日本外国語教育改善協議会が反対声明を出しました(理由は5項目。1.複言語主義について。外国語は英語だけではない。2.日本の大学入試制度と、CEFR は考え方が異なる。3.スピーキングテストは、外部試験導入の必然的理由とはならない。4.公的試験は、公平でなくてはならない。5.外部試験導入は、学校教育を改善しない)


問題は英語だけではありません。


1月3日の記事でも紹介した南風原先生も日経新聞に論考を寄せています。内容を読みましたが、大学の入試関係者が集まる場では、「どうやって改革による被害を最小限にするか」という声が多く聞かれるとのことでした。


そして、こんなことが進められていく背景にこんな疑惑も。鉄のトライアングルだそうです。

2021年ではなく今年の話ですが、こんな記事もありました。女子受験生などに対し不当な評価を行っていた東京医科大学の今年の入試です。


———–
西垣順子<大阪市立大学 大学教育研究センター>
滋賀県蒲生郡日野町生まれ、京都で学生時代を過ごす。今は大阪で暮らしているが自宅は日野にある。いずれはそこで「(寺じゃないけど)てらこや」をやろうと模索中。老若男女、多様な背景をもつ人たちが、互いに互いのことを知っていきながら笑ったり泣いたり、時には怒ったりして、いろんなことを一緒に学びたいと思っている。著書に「本当は怖い自民党改憲草案(法律文化社)」「大学評価と青年の発達保障(晃洋書房)」(いずれも共著)など。