障害のある人が持続化給付金詐欺の加害者になってしまう事例

「困ったときに思い出してもらえる支援者であるために」

最近、ニュースで「持続化給付金詐欺」で約4億円を不正に手に入れた人が捕まったのをご存じでしょうか?この詐欺事件、障害のある人が加害者になってしまうという事案が複数発生しています。

・友人から「自営していることにして申請すれば持続化給付金がもらえる」と誘われた。

・知人から「事業主でなくても持続化給付金を受給可能」と謳うサービスを勧められた。

税理士を名乗る人が、前年から事業をしているような偽物の確定申告書を作って、持続化給付金を申請して受け取るというものでした。

持続化給付金詐欺に関する国民生活センターのホームページ

http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20200710_1.html

加害者になってしまった障害のある人は、少し変だなとは思いつつも、自分で名前を書いてしまい、自分で申請に行ってしまいました。罪に問われる可能性があります。さらに、100万円を返済するまでの日数に合わせた追徴金も併せて返済をしなければならないといわれています。

悪いことを考える人たちは、私たち社会福祉の仕事をしている人間より、数段早くその方法を編み出し、動き出します。どうしても、私たちは後手に回ってしまいます。それでも、周囲の支援者とつながりのある人は、どこかで「あれ?おかしいな。」と気がついた人に助けてもらったり、自ら「どうしよう…」と相談に行くことができます。

「困ったとき思い出してもらえる支援者」であるために、私たちはどうあればいいのかなと考えます。「これだ!」という答えが見つかっているわけではないですが、やはり、「嘘をつかない」「うらぎらない」ということを地道に続けていくことなのかなと思います。

「人は信じてもいい」と感じてもらうことかなと思います。(詐欺に加担してしなった人には矛盾しているかもしれませんが…)


Warning: Use of undefined constant php - assumed 'php' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/canaria-club/www/wp-content/themes/mh-magazine-lite/content-single.php on line 21

Warning: Use of undefined constant php - assumed 'php' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/canaria-club/www/wp-content/themes/mh-magazine-lite/content-single.php on line 30
About 坂本彩 21 Articles
坂本彩(彩社会福祉士事務所) 大学卒業後、20年間、知的障害のある人とかかわる仕事をする。2017年に、独立型社会福祉士事務所を開業。福祉施設のアドバイザーや研修講師、成年後見人の受任、大学の非常勤講師などをしている。障害のある人もない人も一緒に「学び合いの空間づくり」をしていきたい。社会福祉士、介護福祉士、障害者相談支援専門員、そのほか、漢方養生士指導士、漢方スタイリスト、薬膳アドバイザーの資格も持つ。