時代がかわってかわるものかわらないもの

この記事が掲載されるのは10連休あけのとある日となりますが,執筆者がこの原稿を書いているのは10連休最終日5月6日です。
平成から令和に時代が変わりました。子どもが保育所から持って帰ってくる給食献立表にも「令和元年5月 給食献立表」と書いてあり,なんとなく居心地の悪さを感じました。

4月30日から5月1日にかけて,お正月のようだと思いました。
4月30日夜,テレビを見ても新聞を読んでも「平成という時代はこんな時代でした。いろいろありましたね。いろいろあったけどいい時代でした」と言われているようで,しんどくて,黙ってテレビを消しました。

5月1日朝,我が家はいつもと変わりませんでした。配偶者は祝日出勤で,いつもの朝の支度。息子は保育所がお休み。私もお休み。家族でおはようと行ってらっしゃいの「ぎゅう」(ハグ)をして,「パパいってらっしゃい」。

テレビを見ても新聞を読んでも「令和という時代がはじまります。はじまりだから特別なことをしましょう 特別な1日を過ごしましょう。心新たに新しい時代をみんなで明るく良いものにしましょう。頑張りましょうね!きっと新しい時代はいい時代ですよ~」と言われているようで,「さぁ,変われ,変われ」と言われているようでしんどくて,やっぱりテレビを消しました。
そして,いつもと変わらない1日を過ごしました。息子と遊んで散歩して。

こんなツイートもありました。

変わるもの,変わらないものとは何でしょう。結局,昨日の次が今日,今日の次が明日。それだけです。
そして,今日5月6日も配偶者は出勤です。明日,健康に問題がなければ息子は保育所です(10連休中,子どもが大きな病気と怪我をしなかったのは本当に幸いでした。ちょっとひやっとするけがをしましたが様子をみてたら大丈夫そうで良かった)。私は,うーん,明日からの息子と夫の朝食にバナナがないなぁ,バナナ買いにいかないといけないなぁ,夏場になったから安売りしてるからって買い溜めはやめようとか思ってます。ふつうです。

——————————————————
橋本京子
大阪府茨木市生まれ。京都で大学生・大学院生時代を過ごす。現在,心理学関係の研究,大学の非常勤講師をしながら,5歳になる息子の子育て中。「人間は“病的な心理状態を普通の状態に戻す”だけではなくて“もともと個人が持っている長所や強みを生かして,より幸せな人生を送る”ことができる。それは“しんどい”“つらい”時にも発揮される人間の力である」ということを実践,研究したいと考えている。