潜在「農力」を見つけるクロストーク「有機農業×ミジンコ博士=いのちの連鎖」

京滋有機農業研究会2018年度公開イベントのお知らせです。これまで子育てや自然出産をテーマに行われて来た「潜在『農力』を見つけるクロストークシリーズ」、2月16日(土)14時から下京区のイベントスペース「SALON」で行われる第3回は、いのちの連鎖について、京滋有機農業研究会代表の有機農家・田中真弥さんと地球・環境共育事務所「Earth-PAL」プログラムディレクター・遠藤修作さんが対談します。田んぼは生き物たちの「ホットスポット」、ミジンコの驚くべきサバイバル術、作物と虫たちは共存できるのか? 有機農業から環境問題を考えてみよう、野菜作りは人づくり、など興味深いトークが予定されています。当サイトに「こころ野便り」を連載中の田中真弥さんのお話を聞ける貴重な機会、興味のある方は是非お出かけ下さい。申し込みは京滋有機農業研究会のサイトからお願いします。