フランスが日本と共同開発中の次世代原子炉から撤退

アルゼンチンで行われたG20会場で行われた日仏首脳会談では日産・ルノー・三菱の3社提携問題が話し合われ、安定的な関係を維持する方向で一致したと報じられています。一方、日本と共同で進めている次世代原子炉の開発計画を2020年以降凍結する方針をフランス政府が伝えてきたことはあまりテレビでは話題になっていませんね。

ゴーンショックの意趣返しか、などという記事も。

一方、日本では地球温暖化対策を名目に、経済産業省が新たな小型原発の開発を進め、2040年ごろまでに実用化を目指す方針を固めたと東京新聞が報じています。

 東京新聞 TOKYO Web 
新小型原発、開発へ 温暖化対策を名目に経産省
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2018120190070739.html
 地球温暖化対策を名目に、経済産業省が新たな小型原発の開発を進め、二〇四〇年ごろまでに実用化を目指す方針を固めた。太陽光や風力などの再生可能エネルギーが世界的に普及している中、経産省は温室効果ガス削減には原発が必要と判断。将来の建設を想定しており...
原発は発電時に温室効果ガスを出さなくても核のごみがたまるのは小型原発も同じ。「矛盾を抱えた政策に巨額の税金を投入することに、国民の理解が得られるとは思えない」と記事にありますが、「国民の理解」の前に国民に詳細を知らせてもらわないと話になりません。(モモ母)