保育士をめぐる状況

前回,東京世田谷区の企業主導型保育所で,保育士が一斉退職したこと,そして保育士の待遇に問題があるのではないかということを書きました。続報です。

世田谷区長でジャーナリストの保坂展人氏が動き出しました。

引用「助成申請先の児童育成協会は書類審査のみで、実地調査はありません。また、保育事業者としての「実績」も求めていないので、すべてが初めてという事業者もあります。「企業主導型保育」で検索すると、たくさんの企業主導型保育の助成申請から保育士募集、運営までを支援するコンサルタントのサイトが上位に出てきます。開園後の運営能力に疑問符がつく保育事業者でも、申請書類の作成技術にたけたコンサルの腕で審査をパスすることも容易なのではないかと想像がつきます。」

 

また,AERAは保育士の給料が低い保育園を実名公表しました。

「株式会社が参入して保育所は増えたが、乱立状態。コンビニの店員を募集するかのように保育士の求人が出される状態です。そうしたなかで潰される保育士がたくさんいる。心を病んで社会復帰できない若手もいて、これでは地獄のようです」

コンビニの店員を募集するかのように保育士の求人…。

それに対する世間の反応。

私が思うに,人を癒す仕事,人に優しくする仕事,人を育てる仕事の人の労働環境は決してよくないと言えます。バーンアウトと言う言葉をご存知でしょうか。

 ニコニコニュース 
“やりがい搾取”に疲弊 保育士を追い詰める「幼保無償化」の不幸
https://news.nicovideo.jp/watch/nw4085292
 「貧乏人は必死に耐えて生きろ!」と言わんばかりの消費増税まであと1年。同時に、「保育士は灰になるまで働け!」ってことになりかねない幼児教育・保育無償化が始まります。【その他の画像】 「無償化」といえば聞こえはいいですが、無償…

看護師,保育士などのバーンアウトはよく知られています。私の知人が,エステの仕事(これも人を癒す仕事だと思います)をしていたのですが,低賃金,不安定な労働環境で心身を病み退職に追い込まれました。

人にやさしくする,癒す,育てる職業の人の状況が厳しい現代,なんとかならないでしょうか。

そういえば,「一億総活躍」という言葉を耳にしますね。やさしさ,いやし,人を育てる仕事の人は落ち込んでいたり病んだりせず頑張って仕事しろということでしょうか。頑張って頑張って劣悪な労働条件でも働いて活躍しろと…??

私はそんなのは,嫌です。

——————————————————
橋本京子
大阪府茨木市生まれ。京都で大学生・大学院生時代を過ごす。現在,心理学関係の研究,大学の非常勤講師をしながら,5歳になる息子の子育て中。「人間は“病的な心理状態を普通の状態に戻す”だけではなくて“もともと個人が持っている長所や強みを生かして,より幸せな人生を送る”ことができる。それは“しんどい”“つらい”時にも発揮される人間の力である」ということを実践,研究したいと考えている。