辺野古への土砂投入開始、作業停止をホワイトハウスに求める署名

米軍普天間飛行場の沖縄県名護市辺野古への移設工事を進める政府が、14日海への土砂投入を始めました。今日の様子は・・・。

大袈裟太郎さんが琉球セメントの桟橋付近をレポ。カミソリのついた有刺鉄線を丸めているのは、誰かが切った時により多くの人を傷つけることが出来るから。「国民のため」ならそんなこと考えつかないはず。

アメリカでもワシントンポスト紙、NYタイムス紙、ABCテレビなどが一斉に報道。

県民投票が実施されるまで作業の停止をホワイトハウスに求める署名活動を始めました。

 東京新聞 TOKYO Web 
STOP辺野古工事 米大統領に届け 「署名を」沖縄ルーツ ハワイの4世
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2018121790070726.html
 米軍普天間(ふてんま)飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)移設に伴う名護市辺野古(へのこ)の新基地建設を巡り、ハワイ在住で沖縄出身者の血を引く日系四世の男性が、新基地の是非を問う来年二月二十四日の県民投票まで、工事を停止するようトランプ米大統領...

署名の仕方などを詳しく解説しているサイトがありました。

りゅうちぇるもリツイートして拡散していると話題に。

こちらが署名サイト。

最後に江川紹子さんのつぶやきを。