企業主導型保育所で保育士が一斉退職

一応,フルタイムではないものの,少しは働いている母なので,息子は日中保育所にお世話になっています。保育士さんはどの保育士さんも,子どものことをきめ細やかに見て下さって,子どもの健やかな成長と発達を支えていただき,時には親の子育ての悩みの相談にものってくださいます。しっかりと保育所が息子をみてくださっているからこそ,安心して働くことができています。もはや保育所に足を向けては寝られません。保育士さんには本当にお世話になっています。

保育所保育園にもいろいろな種類があるそうで,なんだかちょっとややこしく,私も完全に理解・把握しきれていません(我が子の時はとにかく何が何でも「入れる保育所」を探すのでいっぱいいっぱいだったのだが,地域的に割と充実していたので…)。公立,私立,認可,認可外いろいろとあるというのは理解しています。その中のひとつに企業主導型保育所というものがあります。「会社がつくる保育園」で,カテゴリで言うと、“認可外保育施設”に位置づけられるものとのこと。

先週末,東京世田谷区の企業主導型保育所で,保育士が一斉退職するという事態があったことが判明しました。

もう少し詳しい記事はこちら

 東京新聞 TOKYO Web 
企業型保育所×助成支給遅れ 保育士一斉退職 給料に不安?直後休園
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2018110790065847.html
 東京都世田谷区で今春開所した企業主導型保育所で、保育士5人全員が10月末に一斉退職し、11月から休園している。企業主導型は自治体が設置に関与しない認可外施設のため、区も運営実態を把握しておらず、利用家庭の親子に影響が出る事態となった。 (神谷円...

背後には給与未払い,将来への不安があるとのこと。
また,そもそも企業主導型保育所はずさんな経営が問題視されていたようです。

世間ではこのような反応があります

いろいろな考え方があると思いますが,そもそも保育士の待遇があまりよくないと思います。保育士の先生は子どものために一生懸命働いてくださっています。親とは違う視点で子どもを見守ってくださってありがたい限りです。にもかかわらず給料が低い,持ち帰りの仕事等もある,ブラックな面もあるという待遇の悪さは以前から指摘されていました。いつも私は先生にありがとうありがとうと思いながら帰っているのですが…。

なかなか根深い問題をはらんでいますが,子どもたちの健やかな成長と発達のために,そして子どもをもつ母親が安心して働けるように,いろいろな事情をもつ家庭がありますがすべての子どもがすくすく育つために…果たして現状は”十分である”と言えるのでしょうか。私は言えないと思います。

親,保育所,幼稚園,親類,地域,様々な人にかかわって,子どもには幸せに,育ってほしい,そして母親も自分の自己実現と経済のために仕事を続けたいと思うのです。

——————————————————
橋本京子
大阪府茨木市生まれ。京都で大学生・大学院生時代を過ごす。現在,心理学関係の研究,大学の非常勤講師をしながら,5歳になる息子の子育て中。「人間は“病的な心理状態を普通の状態に戻す”だけではなくて“もともと個人が持っている長所や強みを生かして,より幸せな人生を送る”ことができる。それは“しんどい”“つらい”時にも発揮される人間の力である」ということを実践,研究したいと考えている。


Warning: Use of undefined constant php - assumed 'php' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/canaria-club/www/wp-content/themes/mh-magazine-lite/content-single.php on line 21

Warning: Use of undefined constant php - assumed 'php' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/canaria-club/www/wp-content/themes/mh-magazine-lite/content-single.php on line 30