川村輝夫の映画情報~「ダンボ」

1941年製作のアニメ『ダンボ』をベースにした、オリジナル脚本によるファンタジー。『チャーリーとチョコレート工場』などのティム・バートン監督が、大きな耳を持つ象のダンボと出会った家族の物語を描く。『ロブスター』などのコリン・ファレルをはじめ、バートン監督の『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』に出演したエヴァ・グリーン、『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』などのマイケル・キートンらが出演している。

《あらすじ》
サーカスで生まれた象のダンボは、耳が大き過ぎると笑われていた。だがサーカスの元スター、ホルト(コリン・ファレル)の娘ミリー(ニコ・パーカー)と息子のジョー(フィンリー・ホビンズ)は、家族の一員としてダンボと接していた。
ある日ミリーとジョーは、偶然ダンボが空を飛べることを知る。そのことが、ほかのサーカスを経営するヴァンデヴァー(マイケル・キートン)の耳に入る。

元のアニメ映画「ダンボ」を覚えていますから今度の実写版は?いかがかな。
結果は、OKです。なんとも温かくて優しい映画になりました。
ディズニー作品だからということもあるかもしれませんが、あの『シザーハンズ』の頃に比べるとだいぶエッジが取れたというか、ティム・バートンも丸くなったもんだなー!と思います。もちろん、マイノリティの悲哀を滲ませるストーリーは彼らしいし、おもちゃ箱をひっくり返したようなカラフルで賑やかな世界観も相変わらずですが。少年のような遊び心と賢者のような悟りを兼ね備えたバランス感覚が、バートン作品のファンとしては嬉しい。まるで孫におとぎ話を話して聞かせるお爺ちゃんみたいなんです。前作に続いて、すっかりバートン映画のおなじみになったエヴァ・グリーンも好演。
★★85点★★