立て看板は「炭鉱のカナリア」の印

2月27日の記事でもお伝えした京都大学の立て看板撤去の話題。京大は8日、5月から施行した立て看板を制限する規定に基づき、吉田キャンパス周囲に並ぶタテカンに、撤去を求める通告書を貼ったとのこと。この動きに対抗して、洗濯物風だのタテカンならぬ寝看板などが登場しました。

門川市長は大学の対応を評価している様ですが、山崎雅弘さんは「大学がカナリアを殺す」と言い、内田樹さんは「カナリアの自覚が大学人になくなりつつある」と言います。(モモ母)