財務次官セクハラ騒動の根底にあるもの

財務省の福田事務次官のセクハラ騒動。本人は「セクハラの認識はない」と言っているそうですが、自覚がなくても相手がそう受け取ったら成立するのがハラスメント。

セクハラ発言自体も問題ですが、被害者は名乗り出ろってのが完全にアウト。日本では何故か被害者が矢面に立たされる、海外メディアはセクハラや性差別に対する日本社会の意識の低さを指摘しています。そんな中、菅野さんの一連のtweetが興味深い。

政治家や官僚と仲良くなって情報を得ようとするために若い女性記者を使うメディアが少なくない、でも女性差別のない、ちゃんとしたメディアもあるという菅野さん。いつも彼の視点は興味深い。明日も関連した話題を投稿予定です。(モモ母)