働き方改革・裁量労働制

国会では議論が行われていて、13日には立民党の長妻昭氏の「働き方改革」ほかについての質問が中継されていた。ちょうど前夜BSフジのプライムニュースでは『総検証「働き方改革」「高プロ・裁量労働」』と題した特集が組まれその仕組みや問題点などが解説された。
ゲストは橋本岳氏(自由民主党厚労部会長)、長妻昭氏(立憲民主党代表代行兼政調会長)とデービット・アトキンソン氏(小西美術工藝社社長)で反町理氏(フジテレビ報道局解説委員長)が鋭く切り込んでいた。デービット・アトキンソン氏の大胆かつ興味深い見解も示されたがハイライトムービーとして公開されているので一見の価値はあろう(ムービーの公開は15日間なのでそれ以降はテキストアーカイブを参照のこと)。ただ、「今まで労働者側に厳しい法律を作ってきたが今度は経営者側に厳しい法律を作るべきなのにそうでない法律を作ろうとするのは疑問だ」という内容のコメント部分が編集でカットされていたのは「忖度か」?

前編はこちら

後編はこちら

高度プロフェッショナル制度で想定されている年収(1,075万円)は法律で規定するのではなく、もっと容易に変更できる省令によることとしているため、例えば800万円などに引き下げるハードルは低いものとなっていることも知っておかねばならない。
<資料>労働条件分科会の報告書「今後の労働時間法制等の在り方について」の9ページ12行目

ちなみに日本弁護士連合会からは法案に反対の見解が出ている。(かわせみ)


GUTE-URLS

Wordpress is loading infos from bsfuji

Please wait for API server guteurls.de to collect data from
www.bsfuji.tv/primenews/movi...